事前予約が便利!レンタカーで沖縄を最大限楽しもう!【i-diadromi】

- 沖縄といえば食べ物! 食べておきたい沖縄料理

沖縄といえば食べ物! 食べておきたい沖縄料理

食事が旅行の中でも重要な位置を占めている人も、いるのではないでしょうか。
むしろ名物を食べに旅行に行く人もいるかもしれません。
そこまでのこだわりはなくても、せっかくだから、その土地らしいものを食べたいですよね。
もちろん沖縄にもたくさん食べ物がありますから、行ったなら忘れずに食べておきたい料理をご紹介します。

忘れずに食べておきたい 沖縄の食べ物

まずは沖縄の名前を冠した沖縄そば。
方言では「すば」とか「うちなーすば」などと呼ばれます。そばとついていますが、そば粉は使わず小麦粉のみで作られています。
諸説ありますが、ラーメンを中華そばと言ったりもしますし、そばとついているからそば粉が使われるわけではないわけですね。沖縄そばもルーツは中国のようです。

沖縄のそばといえばソーキソバっていうのを聞いたことがあるのではないでしょうか。
ソーキソバは例えば山菜そばのように、沖縄そばの上にソーキが乗っているだけなんです。
ソーキとは豚のあばら骨を煮込んだものだそうです。

続いてチャンプルー。ゴーヤーチャンプルーとか聞いたことありますよね。
チャンプルーは「混ぜこぜ」のような意味の言葉が語源となっていて、野菜と島豆腐と2種類以上の食材を混ぜて炒めたものです。
ゴーヤーを使えばゴーヤーチャンプルーというわけですね。
つまり、有名なゴーヤーチャンプルー以外にも、さまざまな種類がありどういうものがあるのかを探してみるのも面白いです。

似たような料理でイリチーというものがあります。
イリチーとは方言で炒め煮という意味があるらしく、名前の通り炒めて煮たらイリチーというわけです。

次はラフテーです。琉球王朝時代からあり、皮付きの三枚肉または皮付きのもも肉を甘辛く味付けした、豚の角煮の一種です。
ふつう目にする豚の角煮との違いは皮付きの三枚肉を使うところと、泡盛を使って料理をすること。日本酒よりもアルコール度数の高い泡盛を使うことで、よりお肉を柔らかくできるのだそうです。

最後にお菓子でサータアンダギー。一度は聞いたことがある揚げ菓子ではないでしょうか。
名前はサーター(砂糖)、アンダ(油)、アギ(揚げ)という方言からきています。
特徴は砂糖がたくさん使われ、また気泡が小さく密度が高いことです。
食べたことがある人はわかるかもしれませんが、普通のドーナッツよりも食べごたえがあります。

沖縄にはほかにもたくさんの郷土料理があります。
ドライブでもしながら、どんな料理があるのかを散策してみるのも、沖縄旅行の一つの楽しみ方かもしれませんね。

関連記事: